お役立ち記事

[iPad]オススメのモデルを用途別にご紹介!!

2021/08/18

今回は、色々なiPadのモデルがある中で、どのモデルにしようか悩んでいる方に向けてオススメのiPadを用途別に記事化してみました!

画面が小さく持ち運びに優れているiPad miniから大画面で高機能な12.9インチiPad Proまで、様々なモデルがラインナップされていますが、この記事を通してiPadの購入を検討されている方のお役に立てれば幸いです。

尚、記事中に登場するiPadおよびApple Pencilの各モデルは記事執筆時点(2021年8月)でAppleストアにラインナップされている最新の物となります。本記事をお読みになっている時期によっては情報が古くなっている場合がございます。予めご了承ください。

Apple Pencil

まず、iPadの購入を検討されている方の中で「Apple Pencilを使いたい!」と思われている方も多いかと思いますが、Apple Pencilを使いたい方は「第2世代」のApple Pencilに対応しているモデルを是非オススメします。

第2世代のApple Pencilでは

iPad本体の横にくっつけるだけで充電ができたり、指で2回トントンとApple Pencil本体をタップするだけでペンと消しゴムを切り替えられたりと様々な便利な機能が詰まっています。

一方で、第1世代のApple Pencilでは

充電するにはApple Pencil本体のキャップを外してiPad本体のLightning端子に接続するか、付属のアダプターをつけてLightningケーブルに繋げないと充電できません。また、描画ツールの切り替えなどは都度画面上で操作する必要があり、第1世代と第2世代のApple Pencilでは利便性や生産性が大きく変わってきます。また、第1世代の物と第2世代の物ではそれぞれ対応するiPadのモデルが異なるため、途中でApple Pencilのみ違う世代の物へ買い換える事は出来ないので注意が必要です。例えば現在第1世代のApple Pencilを使っていて、第2世代のApple Pencilに買い替えたい!となった場合は、iPad本体も第2世代のApple Pencilに対応しているモデルへ買い替えが必要となります。

2年、3年と長く使っていく物になるかと思いますので、本記事ではApple Pencilが必要な方には第2世代の物に対応しているモデルを強くオススメ致します。

記事執筆時点で、AppleストアにラインナップされているiPadの中で第2世代Apple Pencilに対応しているモデルは、

・iPad Pro (12.9インチ / 11インチ)

・iPad Air

の2モデルです。

ここまでApple Pencilを交えてお話してきましたが、ここからは主な使用用途に着目してオススメのモデルをご紹介していきたいと思います。

クリエイティブ編

お絵描き、手書きメモ作成

日常的なお絵描きや、ちょっとしたメモ書き等のご使用であれば「iPad Air」がオススメです!

利便性に優れた第2世代のApple Pencilに対応していて、日常的な使用に十分対応できます。

本格的なイラスト作成

作成したイラストなどの作品を販売されている方など、プロの方のご使用であれば「iPad Pro (12.9インチ / 11インチ) 」がオススメです!

iPad Proのディスプレイは120Hz駆動(画面の表示が1秒間に120回更新される)に対応しており、Apple Pencilの筆跡がiPad本体に表示されるまでのタイムラグが非常に短い為、他のiPadのモデルよりも、より現実に近い描画が可能です。

楽曲製作(DTM)

近頃ではiPadにも対応している楽曲製作アプリや、MacなどのPCと連動させて使用できるアプリが増えてきていますが、楽曲製作でのご使用であればUSB-C端子を搭載した「iPad Pro (12.9インチ / 11インチ)」もしくは「iPad Air」がオススメです!

対応しているMIDI機器などを接続したり、作成した楽曲データをUSBメモリなどにコピーする際に、USB-C端子を搭載しているiPadと機器であれば厄介なアダプターなどを介さずに直接繋げる事が可能です。

動画編集

動画編集については、基本的なカット編集や、テロップ付け、BGMを載せる等の作業であれば、「iPad Pro」もしくは「iPad Air」がオススメです!他のモデルでも対応できますが、編集素材によってはチップの性能不足で編集中に少しカクカクしたり、完成した動画の書き出しに時間がかかってしまう事があります。その為、もし本格的な動画編集をメインとして検討されている方はMacなどPCのご検討をオススメします。

お仕事&学習編

書類作成

書類作成については、恐らくiPadにキーボードを接続してOffice系ソフトを使用される方が多いかと思いますが、iPadは純正のキーボード付きケースやBluetoothキーボードにも対応している為、どのモデルでも対応できます。書類作成に限れば最安の「iPad」がオススメです!

Office系ソフトに関して、iPad版では通常のPC版に比べるとどうしても機能や用途に制約があることも多く、お仕事やレポート作成等の面では書類を「新規に作成」するよりは「既存の書類を編集」する作業向けになるかと思います。

ノート作成

ノート作成では、第2世代Apple Pencilに対応している「iPad Air」がオススメです!ペンツールと消しゴムツールが瞬時に切り替えられる為、スムーズにストレスなく書き書き✍️できます。

書類&教材閲覧、読書

書類などの閲覧にはB5サイズ程の画面を持ち、USB-C端子を搭載していてデータのやり取りもスムーズな「iPad Air」がオススメです!USB-C端子を用いてデータのやり取りをされる事がない場合は、最安モデルの「iPad」もオススメです!実際の使用環境や、ご予算に合わせて検討してみてください。

Web会議、オンライン授業

Web会議やオンライン授業に関しては、最安の「iPad」がオススメです!会議等では相手の顔がしっかりと見え、お互いの音声がしっかり聞こえれば役割は果たせるので、どのiPadのモデルでも対応できます。

iPadのモデルによってフロントカメラの性能に差がありますが、Web会議やオンライン授業の用途であればどのモデルも十分なカメラ性能を備えています。

エンターテイメント編

YouTube、NETFLIXなどの動画視聴&音楽鑑賞

こちらに関しては、音声をイヤホンやヘッドホン、外付けのスピーカーで聴かれる事が多い方は最安の「iPad」、本体内臓のスピーカーで聴かれる事が多い方は4スピーカー搭載の「iPad Air」がオススメです!

ゲーム

ゲームに関してはどのモデルでも満足のいくプレイが可能ですが、性能と価格のバランスがとれた「iPad Air」もしくは持ち運び重視の「iPad mini」がオススメです!

まとめ

さて、ここまでお読み頂いた方の多くは既にお気付きかもしれませんが、総評として用途を問わず多くの方にオススメできるiPadは「iPad Air」です!笑

勿論、それ以外のモデルの方が使用用途に合う!という方もいらっしゃると思います。その際、万人にオススメできる「iPad Air」をひとつの基準として考えて、iPad Airに搭載されている機能で自分にとって足りない機能、もしくは過剰な機能を取捨選択すると、読者の方にとって最良のiPadが見つかると思います。コロナ禍の影響もあり中々難しいかもしれませんが、もし機会があれば実際に店頭で実機に触れてみてください。

この記事を通してiPadを検討されている方のご参考になれれば幸いです。最後までお読み頂きありがとうございました!!

Twitter、インスタグラムもやっていますので、是非フォローお願いします!

Twitter: @Harrie_0310

Instagram: harrie_0310




スポンサードリンク